ポルトガルのカードについて
AoE3ではデッキを考えるのも楽しみの一つですが、始めたばかりの人にはどれを選んでいいか非常に悩むところだと思います。
そこで、私が最もよくつかっているカードを紹介したいと思います。



・交易所のアップグレード
木100/件のメリットとなります。
HP+50%、攻撃能力の追加で壊されにくくなることがメリットですが、前半のブーストのみだと割り切るのであれば木300でもいいのかもしれません。

・木300
即交易所に使います。
即交易所を建てるとIIの時代でカードが2枚使えるようになるため、金700と木700を使う為の布石です。
たとえ交易所が壊されても700-250=450の儲けだと思いましょう。

・金700
即III用に必須です。

・木700
II~IIIの時代では建てるべき建物が多いため、非常に便利です。

・木1000、木1600
木はユニットのアップグレードに大量に利用します。
また、ポルトガルの場合は、固有テクノロジ(べステイロス、塔剣騎士団)で木2000づつ使用するため、大量に必要な資源です。

・ナビゲーター
財宝が多いマップでは有効です。
また、相手の探索者を邪魔することができる為、農民カードのないポルトガルでは1stカードに利用するのもありだと思います。

・技術訓練所
生産に時間がかかる砲兵の生産速度を著しく向上させます。
また、工場で生産される重カノン砲の生産速度も向上する為、長期戦で効果を発揮します。

・砦
入れていないプレイヤーは見たことがありません。
早めに切るか、軍備、内政を整えてから切るかが悩ましいカードです。

・トリデシーリャス条約
このカードを使わないとべステイロスへのアップグレードができません。

・工場/泥棒貴族
IIIとIVの決定的な違いであり、IVの強みというのは臼砲と工場だと思います。
IVでは必須のカードです。
[PR]
by jorneal | 2006-03-05 21:30 | 文明攻略~ポルトガル
<< 粉引き所と農園の切り替え時期を考える ポルトガルのユニットについて >>