文明解説~フランス
最近のお気に入り文明であるフランスについて概要をまとめてみました。



こんな人におススメ:バランスよく臨機応変に対応したい人、荒らしに悩まされている人

ユニークユニット:

文明ボーナス:

Royal Guard:

ユニークテク:

傭兵:

重要カード:

得意な戦術:

デメリット
・スクーナー船が無い為、海進化が他文明よりもやりにくい。
・傭兵以外の港湾のカードが少ない為、海戦では他文明に劣る。
・初期資源総量(スタート時点の入植者+資源箱)が最低クラスなので立ち上がりが遅い。

メリット
・入植者が80人までだが作業量は100人分なので内政で劣ることなく軍隊に120枠費やすことができる。
・クルールが入植者より強力なため、荒らしが来ても殺されにくい。
・ポルトガル、イギリスに次ぐ強力な竜騎兵を使うことができる。
・工場x2+エンジニアリングスクールで重キャノンが量産できる。
・先住民の斥候がいる為、索敵が容易である。

フランスの時代
I・・・先住民の斥候がいる為、索敵のスピードが速く、有利です。
クルール3は入植者3.75人分に相当する為、1stカードはほぼこれで決まりです。
進化の人数は15人程度で進化をすると金700を使用することなく即IIIが可能です。
II・・・先住民が強化可能なフランスは積極的に先住民を利用していきたい文明です。
先住民はマップにより決まってしまいますが、重歩兵系の先住民が利用できる場合は先住民でのIIラッシュが強力です。
軽歩兵系の先住民はIIラッシュの中心となる重歩兵にボーナスがありますので、対IIラッシュに利用することもできます。
敵が少数の場合にはクルールも戦闘に参加させることで相手のIIラッシュを撃退することができます。
III・・・ユニークユニットであるキュイラシェを使うことができるようになります。
ただし、最近の流行として竜騎兵が多用されていますので、騎兵小屋で生産して使うというのは余りよくありません。
カード兵でキュイラシェを呼び、敵の内政地を荒らすという使い方が効果的です。
相手がイギリスやロシアで軍隊が軽歩兵に偏っているときはキュイラシェを積極的に投入しましょう。
通常の軍隊は他文明と同じくスカミ+竜騎兵+ファルコネット砲という編成が安定するのではないかと思います。
フランスは先住民の戦士を使うことで先住民兵の生産コストを下げることもできますので、安い先住民兵で軍隊を補強することも可能です。
とにかく利用できる兵種が多いので、相手の軍隊を見ながら臨機応変に対応できるのが魅力です。
IV・・・2つの工場+技術訓練所による重キャノン砲量産をすることが可能です。
クルールを最大限生産しても軍隊に120もの人口枠を振ることができますので、他文明を兵数で圧倒することができます。
更に人口枠を使用しない先住民兵を積極的に活用することで、更なる兵数を揃えることができ、強力な軍隊を編成することが可能です。
先住民の知識を使っておけばアップグレードも木のみであり、また、先住民兵は強化効率が良いというメリットもあります。

最近のお気に入り文明であるフランスはパッチにより最強文明から弱小文明へと転落した、と考えられています。
確かに現在の1.06バージョンではドイツが強力だとは思いますが、フランスも強い文明の一つであると思います。
バランス型文明の為、H2Hでもチーム戦でも対応することができ、また、IIラッシュや即IIIなどと戦略の幅も広い文明です。
海マップではスクーナー船を持つ文明に内政差をつけられる恐れがありますので、その分は交易所を確保することで内政を充実させたいところです。
ユニークユニットであるキュイラシェは軽騎兵全盛の昨今、使いどころを考える必要があるユニットとなりました。
キュイラシェ濁で攻めたいという騎兵好きな人には残念ですが、そのような攻め方では勝つことは難しいと思います。
ただし、IIIの時代のカードキュイラシェを荒らしに使ったり、軽騎兵をスカミで排除してからキュイラシェを突っ込ませるなど、上手く利用すれば強力なユニットであることは間違いありません。
IIIの時代から使用できる傭兵についても、黒騎兵、イェーガーという使い勝手の良い人気の兵種を利用することができます。
先住民兵はマップによって使用できる種族が左右されてしまいますが、兵・テクノロジーとも強力なものが揃っています。
先住民毎に把握しておく必要がありますので、ある程度やりこまないと使いこなすのは難しいとは思いますが、フランスを使うのであれば是非押さえておきたいポイントです。
IVの時代でもフランスは強力です。
技術訓練所がある文明はフランス、オスマン、ポルトガルのみであり、技術訓練所+工場x2からの重キャノン砲量産で優位に立つことが出来ます。
人気の竜騎兵についても、騎兵の戦闘力がある為、ポルトガル、イギリスに次ぐ高性能の竜騎兵を生産することが出来ます。
また、軍隊に120の人口枠を割くことができる為、終盤においても他文明に遅れをとることはありません。
II~Vまでのどの時代にも対応でき、様々な兵種を持つフランスはAoE3の中ではバランスのいいオールラウンダーであると言えると思います。
[PR]
by jorneal | 2006-05-20 11:37 | 文明攻略~フランス
<< 町の中心を巡る攻防について ユニークテクノロジーを使おう >>