オスマンのカードについて
AoE3ではデッキを考えるのも楽しみの一つですが、始めたばかりの人にはどれを選んでいいか非常に悩むところだと思います。
そこで、私が最もよくつかっているカードを紹介したいと思います。




重要カード
・入植者3
オスマンは入植者の生産に時間がかかる為、入植者の価値が他文明より高く内政ブーストに力を発揮します。

・木材700
II~IIIの時代では建てるべき建物が多いため、非常に便利です。

・木1000
オスマンは早めに町の中心を増設しないと内政差をどんどんつけられてしまいますので、必須です。
また、教会でのトゥファンシ兵団にも木材を使用しますので、大量に必要な資源です。

・金貨700
IIIへの進化やIIラッシュでの擲弾兵やアブス砲の生産に大量に使用する資源です。

・金貨1000
砲兵や傭兵、研究に大量に使用する資源です。

・技術訓練所
生産に時間がかかる砲兵の生産速度を著しく向上(-40%)させます。
また、工場で生産される大型射石砲の生産速度も向上(-10%)する為、長期戦でも効果を発揮します。

・砦
砦は強力な土地制圧力を持つ建物であり、これを入れていないプレイヤーは今のところ見たことがありません。

・工場/泥棒貴族
IIIとIVの決定的な違いであり、IVの強みというのは臼砲と工場だと思います。
IVでは必須のカードです。

・シパーヒ5/6
オスマンではイェニチェリ、アブス砲がメインとなるため、相手は軽歩兵メインで来ることが多いと思います。
そこで、シパーヒを使えば一掃することもできますし、また、荒らしに敵内政地に送り込むと入植者を一気に殺すことも出来ます。
カードの価値を考えるとシパーヒの中では、IIIでのシパーヒ5が最も優秀で使いやすいカードです。
とりあえず入れて置くならシパーヒ5を入れておきましょう。

・砲兵の攻撃力
砲兵はもともとの攻撃力が高い為、+10%でも数値が大きく伸びることになります。

・兵器庫のアップグレード
火薬歩兵、砲兵がメインとなるオスマンと相性のいいカードです。

・モスク建設
最大で食料660、木材264、金貨396のコストを削減することができます。
また、宮殿の陰謀と組み併せると更に食料500、木材333のコスト削減が可能となります。
IIIのカードで2000以上のコスト削減ができる便利なカードです。

・宮殿の陰謀
モスク建設と組み合わせると木材667でイェニチェリ15体、食料1000で大型射石砲3門を呼ぶことができるようになります。
IVで大型射石砲2をいれるよりも、宮殿の陰謀を使った方がいいのではないかと思います。

・清軍弓騎兵
重騎兵が苦手なオスマン帝国において、強力なアンチ重騎兵となる清軍弓騎兵は非常に心強い傭兵です。


重要カード(H2H)
・交易所のアップグレード
木100/件のメリットでもありますが、それ以上にHP+50%、攻撃能力の追加で壊されにくくなるということが大きなメリットです。


重要カード(チーム)
・スクーナー船
オスマンの弱い内政力をカバーする為に必須です。

・シルクロード
チーム全体の底上げを図ることができます。

・チーム金貨1000
シルクロードとのコンボで1300x人数分の金貨が送られます。
IVのカードの価値は1600相当ですので、それと比較すると強力なカードであることがわかります。


地雷カード
・アジュミオグラン学校
イェニチェリの生産コスト-20%で便利なカードに見えますが、IVのカードというのがかなり痛いです。
IVのカードの価値は資源1600相当ですので、元を取る為にはカードを使ってからイェニチェリを65体以上つくらないといけません。
IIIで使えるカードであれば相当使いやすくなるとは思うのですが・・・

・シパーヒ3/4
IIIのカードの価値は資源1000相当、IVのカードの価値は資源1600相当ですので、シパーヒ3は1体当たりのコストが333+200=533、シパーヒ4は1体当たりのコストが400+200=600となりちょっと物足りないカードだと思います。

・戦場工事
イェニチェリが兵士育成所を建設できるようになるカードです。
非常に便利ではあるのですが、カードの価値を700と考えると少々微妙なカードです。
育成所建設は入植者を一人操作すればいいのですからわざわざ貴重なカードを使うほどのものではないのではないかと思います。
[PR]
by jorneal | 2006-05-30 22:34 | 文明攻略~オスマン
<< 医術カードについて考える ポルトガルチームデッキ~5/2... >>