デッキ考察
AoE3はRTS初(?)のデッキシステムがあり、非常に重要なポイントを占めています。
当然、RTSですので、相手を上回る内政や細かな軍操作、アンチ兵の活用なども重要なのですが、デッキ(カード)の選択も勝敗に大きく影響する要素だと考えています。
1枚のカードによって一瞬で巻き返すこともありますし、また逆も有り得るのではないかと思うのです。



そこで、今回はデッキの組み方を考察してみました。
20枚という限られた中で余分なものを削ぎ落とし、最善のデッキを追求することもAoE3の楽しみの一つだと思っています。

1.デッキを使い分けよう
まず、デッキは複数作ることができます。
H2Hとチーム戦ではゲームの時間も違いますので、デッキを分けるべきだと思います。
また、船カードなどは海がなければ全くの無意味ですので、海有りと海無しも分けるべきです。
従って、私は最低でも4パターンのデッキを用意しています。
更にIIR用、即III用、後衛ブーム用なども使い分けるといいのではないでしょうか。

2.カードを考えよう
以前、「カードの価値を考える」でも簡単に触れていましたがカードには
1.入植者カード
2.資源カード
3.軍事ユニットカード
4.ワゴンカード
5.テクノロジカード(特殊効果)
6.テクノロジカード(内政能力アップ)
7.テクノロジカード(軍事能力アップ)
などがあります。

私としてはデッキに入れるカードについて、上から順番に重要度が高いと思っています。
特にH2Hでは能力アップ系のテクノロジカードは不要なのではないかと考えています。

その理由は以下のようになります。

例えば、IIIでカードを2枚使った場合、
A.竜騎兵5+スカーミッシャー8
B.竜騎兵5+騎兵の戦闘力
では、Aが圧勝するのは明らかです。
能力アップカードを使った分だけ兵力差が生まれてしまい、押し切られる恐れが出てくるというわけです。
つまり、序盤における能力アップカードは自らの状況を不利にしていくだけであり、それならば他の軍事ユニットカードを入れておくほうがいいのではないかと思います。

また、軍事ユニットカードの枠が増えることにより、複数の種類を入れることができ、アンチを活用することも可能です。
例えば、相手が槍兵で攻めてきた場合、デッキにあるカードが
A.竜騎兵5、スカーミッシャー8
B.竜騎兵5、騎兵の戦闘力
では、Aならばスカミで撃退することができますが、Bでは的確に引き撃ちをしなければ相手にEXPを献上するだけとなってしまいます。

これは、港湾のカードにも同じことが言えます。
例えば、IIでカードを2枚使った場合、
A.小型帆船2+ガリオン船1
B.小型帆船2+軍用船のアップグレード
では、やはりAが圧勝するでしょう。

内政能力アップも、全ての研究を終わらせた段階であればカードの分だけ差がつくかもしれませんが、市場や粉引き所などのテクノロジが未研究である段階では資源カードを使って得た資源で研究をすれば同等の効果を得ることができます。
更に資源カードであれば汎用性・即効性ともに高い為、内政能力アップカードよりも資源カードのほうがおススメです。

ワゴンカードは特殊な建物などを建てられるカードです。
カード以外では建てられない砦や工場などの重要な施設がありますので、これは必要だと思います。

特殊なテクノロジカードとしては、植民地兵とスクーナー船が強力です。
それ以外にも文明ごとに便利そうな特殊カードがいろいろありますが、よく考えてから選択することが重要です。
例え「使えそうだ!」と思って入れているカードでも、直近10ゲームくらいで1度も使用していないようなものならば、思い切って資源カードか軍事ユニットカードに変えてしまったほうがいいのかも知れません。
(私の場合には兵器庫のアップグレードがまさにそうでした・・・)

参考資料として、私の最近のゲーム(H2Hと3v3)での資源量とゲーム時間を纏めてみました。
H2Hでは2枚目で製材工場や金物屋を切った場合、600~700程度の資源差が期待できることがわかります。
が、それであれば素直に資源700(600)カードの方が便利だと思うのは私だけでしょうか。
3v3では2枚目で製材工場や金物屋を切った場合、1800程度の資源差が期待できることがわかります。
これならば使う価値があるのではないでしょうか。
また、チーム戦(3v3)はH2Hと比べるとゲーム時間が約1.6倍程度であるのに対し資源量は2.5~3倍近くになっています。
これは、入植者の増加に従い採集できる資源も比例して増える為です。
4v4になれば更にゲーム時間が延びることが予想されますので、能力アップカードが更に有効に使えるのではないかと思います。

ゲームプランを考え本当に使えるカードを選んでデッキを作ることで勝率を上げることができるのではないでしょうか。



参考資料)
私の直近10ゲーム(H2H)の資源量とゲーム時間
Food  Wood  Coin  Time
9003  4998  3761  18:08
10137 4904  2190  22:11
5356  2455  2008  12:43
6056  3052  2007  13:57
5477  1446  1438  11:39
10173 5051  3824  16:13
7948  2643  1565  14:15
30365 13555 9512  46:40
7564  3563  2364  15:32
5301  4638  2581  11:55
平均
9738  4630  3125  18:19

私の直近7ゲーム(3v3)の資源量とゲーム時間
Food  Wood  Coin  Time
24597 14643 7355  35:26
13197 6683  3987  22:35
21528 9403  6067  29:48
42644 27726 23584 44:13
23198 10320 6907  31:06
13848 4761  5920  23:01
28712 12831 11152 28:07
平均
23960 12337 9281  30:36

H2Hと3v3を比較した倍率
2.46   2.66  2.97   1.66
[PR]
by jorneal | 2006-07-20 01:19 | 戦略考察
<< IIラッシュをしよう~1.08... 町の中心を巡る攻防について~その2 >>