偵察をしよう
AoE3において視界の確保は重要なポイントのひとつです。
AoCには前哨(AoE3のOutPostではなく、視界確保用の簡易塔)がありましたが、AoE3からは同様の建物がなくなっています。



また、OutPostにも制限数があり、視界確保のために建設するのは資源の面からも無駄な投資だと思います。
そこで、活躍するのが、壁です。
壁1マスなら資源はWood5ですみますし、教会で建物のLOSを増やす研究を行えば、AoCの前哨がわりに使えるのではないでしょうか。
視界が広ければ敵の進軍を察知して、アンチユニットで迎え撃ったり、敵の守備の弱い内政地を荒らすことができるでしょう。
操作量が増えるので、なかなか大変ですが、一度くらいは試してみる価値はあるのではないかと思います。
[PR]
by jorneal | 2006-01-24 00:41 | 戦略考察
<< 敵の探索者を倒そう 先住民たちと仲良くしよう >>