CoverModeの威力を考える
前哨と町の中心破壊の考察をしているときにふと気が付いたことがあります。



それは、CoverModeの存在です。
CoverModeでは対間接防御力が50%となるかわりに移動速度と攻撃力が落ちます。
ただし、攻撃力については、攻撃力半分、攻撃速度倍となるため、トータルダメージはかわりません。

このCoverModeで塔を攻撃した場合の計算をしてみました。

前哨1を破壊するのに必要な長槍兵の数は何人かを考えてみると・・・
前哨1が長槍兵を1人倒すまでに8回の攻撃が必要です。(CoverMode)
つまり、長槍兵1が死ぬまでに前哨に与えるダメージは256だとすると長槍兵aが前哨に与えるダメージは256x(a+1)xa/2>2000でa>3.xとなり、 長槍兵4人で前哨1を破壊することができる計算となります。

実際に前哨を長槍兵5人(CoverMode)で攻撃してみたところ、3人生き延びるという結果になりました。

また、同様に町の中心を破壊するのに必要な長槍兵の数は何人かを考えると・・・
町の中心が長槍兵を1人倒すまでに3回の攻撃が必要です。
つまり、長槍兵1が死ぬまでに町の中心に与えるダメージは96だとすると長槍兵aが町の中心に与えるダメージは96x(a+1)xa/2>7000でa>11.xとなり、長槍兵12人で町の中心を破壊することができる計算となります。

IIの時代にカードで長槍兵を呼べる文明であればカード兵8人+1回生産分の5人で合わせて13人となり、無抵抗な相手ならば町の中心を割ることができるということになります。

塔の有効性を自分で述べておきながらなんですが、CoverModeをきちんと使ってこられると塔での防衛も若干難しくなるかもしれません。
[PR]
by jorneal | 2006-02-21 21:36 | 戦略考察
<< スペインH2H(IIR)デッキ IIラッシュをしよう~その3 >>